1年目から責任のある仕事を任され、
成長を体感する喜びがある

事務オペレーション・センターコース管理サポートセンター 2019年度入社

小田 夏海

私の仕事

管理サポートセンターでは、中長期延滞債権を扱っています。私は法務の執行班でお客さまの給料や預金口座を差し押えするために裁判所へ送る申立書の作成などを行っていましたが、新たに管理事務で入金業務について学んでいます。主にシステムを使用した入金処理を行っていますが、幅広い事務作業を多くの先輩社員の方々に教わりながら、日々奮闘中です。

仕事のやりがい

社会人1年目のため、まずは業務内容を理解することに苦戦しました。部署内で当たり前に使われている用語さえも分からなかったのですが、業務を身に付けていく中で自然と理解できるようになりました。いつの間にか、自分も当たり前のようにその用語を使っていることに気付いた時は、自分自身の成長を感じられた瞬間でした!
私が一番やりがいを感じることは、周りにフォローしていただきながら進めていた業務を一人で対応できるようになった時です。今はまだ分からないことだらけなので新しい業務を習得することは大変ですが、少しずつ、できる業務が増えていき、自身の成長を体感する瞬間に喜びや充実感を感じます。

価値ある経験

入社してすぐに新生銀行グループ合同の研修が行われ、グループ会社の同期とも深く交流できるだけでなく、学生から社会人へと気持ちを切り替えなければいけない新入社員にとって、とても充実した内容でした。また、私は配属された部署で、今現在1年目にも関わらず多くの業務を経験させてもらっています。業務を習得することは大変ですが、責任のある仕事を1年目から任せてもらえることは大変嬉しく感じています!

私の働き方

9:00出社
メールチェック
9:15業務開始
システムでの入金処理
12:00昼食
13:00業務再開
返金処理や小為替の受入事務処理など各種事務処理業務
18:00退社

職場の雰囲気

初めは堅い雰囲気なのかな?と思っていましたが、先輩社員だけでなくパートタイマーや派遣社員の方々も皆さんとても優しく、丁寧に業務を教えてくださいます。繁忙時でも、質問に答えて分かりやすく答えてくださり、いつも助けていただいています。

キャリアステップ

2019年

管理サポートセンター

配属当初は管理事務(契約書の作成や決裁等)を行い、最近は執行班で債権差押申立書の作成や執行の取立届・取下書の作成を行う。現在、新たに入金処理業務を習得しています

※所属およびインタビュー内容は、取材当時のものです。