お客さまの人生に
貢献できる仕事に、
大きな責任と喜びがある。

資産運用コンサルタントコース

リテール営業第一部 2017年入社

石山 憂馬

私の仕事

フィナンシャルセンター/支店で、資産運用コンサルタントとしてお客さまの資産運用のご相談を承っています。支店にお越しいただく機会が少ないお客さまに対しては、当行の商品やサービス、最新のトピックスをお電話で積極的にご案内することも私たちの役割です。やや地味に感じるかもしれませんが、地道な活動がお客さまの信頼を得るためには必要不可欠です。信頼は一日してならず。長期のリレーションのもと、成立するものだと先輩方に教えてもらいました。本当にその通りだと感じています。
日々、数多くのお客さまにご来店いただいていますが、資産運用に対するお考えや資産背景は十人十色です。学生時代には出会うことがなかったような人生経験豊富な方々にお会いするため、学ぶことが多く、日々刺激を受けています。
資産運用コンサルタントの仕事は、お客さまとの契約締結がゴールではなく、そこからがスタートとなります。市場状況や保有資産増減のご報告を通じて、安心してご資産を運用できるように、そして当行と取引するメリットを感じてもらえるよう心掛けています。

仕事のやりがい

「お客さまの生の声を大切に」
お客さまに「ありがとう。」「あなたが担当で良かったわ。」と声を掛けていただける瞬間にやりがいを感じます。私たちの仕事は、お客さまの今後の人生計画に直結することが多いお金の相談を受けることです。「命の次に大切なもの」、「多くはいらないがなくては生活が成立しないもの」と言われることもある『お金』ですが、その相談をする相手は案外少ないものです。お客さまから信頼いただき、私の提案がお客さまの人生に少なからず貢献できていると実感できる仕事に携われていることに、大きな責任を感じるとともに喜びを感じています。 ご担当したお客さまから、ご家族や大切なご友人をご紹介いただけることもあります。その時は、それまでの自分の提案やサービスにご満足いただけたのだと感じることができ、とても嬉しく思います。 数ある金融機関の中から新生銀行の石山の提案をお選びいただけるよう、日々精進していきます。

創造したい未来

今、「銀行」は変革期にあると思います。「銀行員」も当然変わっていかなければなりません。 店舗展開の在り方を考えるような本部業務にも挑戦したいと考えていますし、私がお客さまに提供している商品やサービスを開発する部署で勉強もしたいと思っています。お客さまの利便性に資する新しい商品やサービスを創っていく、当行にはそんなことができる無限の可能性を感じる風土があると思います。時代の変化を楽しみながら、新しい時代の「銀行員」として、より質の高いサービスをお客さまに提供できるようになることが、私が新生銀行で創造したい未来です。

私の働き方

9:00出社
朝礼に参加。一日のアポイント(お客さまとの商談のお約束)を確認し、提案内容を精査します。
10:00接客
お客さまへの提案(商談)
商談は1〜2時間ほどいただきます。
12:00デスクワーク
商談内容の記録。次回により良いご提案ができるよう、お客さまからいただいたお話を記録しておきます。
12:30ランチ
気分転換を兼ねて外食することが多いです。毎日違ったお店に行って食事を楽しんでいます。
13:30架電
お取引のあるお客さまへのお預かりしている資産状況のフォロー
15:00接客
お客さまへの提案(商談)
多い日は一日4、5件のアポイントをいただくことも。
17:00デスクワーク
新しい商品や法律、税制につき研修で学んだことを振り返るとともに、メールのチェックを行います。
17:30明日の準備
翌日来店予定のお客さまの確認、提案のための事前準備。
17:50退社
遅い時間のアポイントをいただいた時は、翌日は時差出勤をして朝ゆっくり出勤することが多いです。

職場の雰囲気

現在勤務しているフィナンシャルセンターは都内でも有数の大型店舗で、駅からのアクセスも良く、毎日多くのお客さまにご来店いただいています。
上司・先輩との距離は近いものの、常にベッタリということではなく、お互いプロ意識をもって認め合っている関係です。先輩が私に意見を尋ねてくることもあります。
お互いがお互いを意識して、日々切磋琢磨する環境ができていると実感しています。

キャリアステップ

入社1年目

フィナンシャルセンター(関西圏)

口座開設、各種届出事項の変更、現金取り扱い等の事務面の基礎を学びながら、資産運用相談業務の基礎を習得。

入社3年目

フィナンシャルセンター(首都圏)

資産運用コンサルタントとして、資産形成層のお客さまを担当。

※所属およびインタビュー内容は、取材当時のものです。