将来は、ビッグデータや
機械学習など、
最新技術の
利活用に携わりたい。

システムコース

システム運用部 2015年入社

池本 昭彦

私の仕事

DWH(データウェアハウス)というシステムの保守、開発を行っています。DWHとは、日々のお客さまとの取引で発生する情報(顧客情報、取引情報など)を整理・保存し、必要に応じてその情報を引き出して利用できるようにするシステムです。
経営階層が新しい情報が必要になった場合、その情報をDWHに取り込むためのシステムの開発を行い、効率的な情報活用ができる仕組みを作っています。チームにおいては、若手層のリーダーとして後輩の指導をしながら、自らもシステム開発や障害発生時のリカバリー対応を行う役割を担っています。直近の大きな仕事は、DWHをAWS(Amazon Web Service)クラウドに移行するという大きなプロジェクトのプロジェクトリーダーを任されたことです。とても大変でしたが、良い経験を積むことができました。

仕事のやりがい

自分が関わったシステムの稼働日当日を迎えることが最も緊張しますが、達成感を得る瞬間でもあります。システムの設計から、開発・テストといった一連の工程を経て、「自分が育て上げてきたシステム」が問題なく稼働した喜びと、うまく稼働しなかったらどうしようかという不安、期日までにローンチするための期日管理のストレスから解放感されたときの喜びは格別です。
ITの世界、つまりシステム関連業務は、常に新しい技術の知識と高い専門性が求められるため、とても刺激があります。「終わりがない」と言うと恰好よく聞こえるかもしれませんが、自分が関わったことのない新領域、新技術(最近だとクラウドサービス)を勉強して、新しいシステム開発案件に携われることは、自分の成長とともに、とても楽しさを感じます。
システムトラブルが発生した場合は、自分が持つ技術、知識、経験に基づいて対応することで、自分の役割を果たすことができ、頼りにされている実感を得ることもあります。もちろん、トラブルはできる限り避けたいものですが、トラブルが起きた時にこそ専門家としての真価が問われます。トラブル対応時には、落ち着いて、迅速に解消させられるよう心掛けています。日ごろから、自分がこの会社のシステムを支えているという自覚と高い意識を持って仕事に取り組んでいます。

創造したい未来

今や、ITシステムを使わない企業は無く、多くの企業で活用が進んでいます。元来、職人の仕事と考えられていた酒造りでも職人の勘と経験に頼るのではなく、数値化、データ化を進め安定的な品質管理を目指す動きが見られます。銀行は、業務の性質上、データの活用とともに高度なシステム構築を求められる業態ですが、最近はこれまでと違ったアプローチにチャレンジすることが求められる機会も増えてきました。
例えば、銀行が持つデータはさまざまな分析に活用でき、その可能性は無限だと思います。データ活用の時代が到来すると言われている中で、今までにないビジネスが銀行発で生まれるかもしれません。現在の業務で関わっているDWHには、銀行のさまざまなデータが集約されるようになります。将来的には最新のデータ分析技術を駆使して、これらのデータを利用したビジネスの拡大・変容を促せれば、おもしろいことができるようになります。そのような未来において、これら取り組みの基盤となるDWHの構築・改善、ビッグデータの活用や機械学習といった最新の技術を利活用する業務に携われていたら嬉しいです。

私の働き方

9:00出社
メールを確認して、本日のタスクを確認
10:00会議
チームメンバーと案件のタスク進捗や課題について共有
11:30ランチ
ビルの食堂や外の飲食店で食事
12:30資料作成
PJ計画書、設計書といった案件で必要になる資料や進捗の共有資料を作成
16:00レビュー
チームメンバーの作成した資料、テスト結果をレビューして不足点を指摘
自分の作成した資料について上長のレビューを受けて不足点を修正
18:00退社

職場の雰囲気

どのチームも構成人数が少ないため、先輩や上司との距離が近く、システムトラブルや懸念があった場合にも相談しやすい環境です。また、質問応対などの雑務をこなしつつもプロジェクトの推進といった役割も、若手のうちから任せてもらえます。最近では、私のチームの1〜2年目の若手が、性能改善で調査からリリースの一連の作業を任されました。

キャリアステップ

入社1年目

システム開発部

市場系バックオフィスシステムの保守・開発を担当しました。大きな仕事としては、消費増税に伴う税率計算の変更と新規帳票の作成を担当しました。

入社2年目

システム開発部

市場系フロントオフィスシステムの保守・開発を担当し、システム更改にも携わりました。

入社4年目

システム運用部

DWHの保守・開発を担当しています。大きな仕事としては、DWHのAWSへの移行を担当しています。

※部署名、所属およびインタビュー内容は、取材当時のものです。