お客さまに寄り添い、新しい価値をつくる。
企業活動をする上で、当たり前のことだ。

問題は、アイデアを実現できるかどうか。

お客さまのために、やったほうがいいことを。
より良いサービスのために、改善すべきことを。

新生銀行グループは、やる。
素直に、正しいと思ったことをやる。
常識はずれだと言われても、
意味があるのかと問われても。

遠慮は、いらない。
誰も気付かなかったこと、誰もやらなかったことを、
実現させるんだ。

新生銀行グループには、自分らしさを活かして、
アイデアをカタチにできる環境がある。

だから考えてほしい。
自分にできることは何か。実現したいことは何か。
その思考と行動の一つひとつが、
かけがえのない価値になる。

新しい金融業界のあり方を創るために。
変化の激しい世の中で、革新し続けるために。

自分の色を、価値にする。

新生銀行グループが実現する
「金融 リ・デザイン」という“価値”

既存の枠組みにとらわれた発想や組織体から飛び出し、
新たに金融ビジネスを『リ・デザイン』する。

新生銀行グループ中期経営計画
「金融 リ・デザイン」を支える2本の柱

1

『価値共創』による
成長追求

新生銀行グループ内外問わず、あらゆる金融サービスを掛け合わせながら、オープンイノベーションを行うことで今まで届きにくかった人に、新たに金融サービス届けるという「金融インクルージョン」を実現する。

  • □ ドコモ レンディング プラットフォーム
  • □ YUI Platform

2

ケイパビリティ (組織的能力)の
強化・活用

有機的で強固な組織に変革すべく、人的資本に柔軟性を持たせ、ダイバーシティ推進や働き方の刷新に注力。グループ内の垣根をなくし、多様な価値観を有する社員一人ひとりが活躍できる環境/風土を整える。

  • □ 副業・兼業の自由化
  • □ テレワーク(セルフ時差出勤)導入
  • □ 服装自由化
  • □ 女性活躍推進委員会の設置

私たちが金融ビジネスの
次の時代を切り拓く

新生銀行 代表取締役社長 工藤 英之

さまざまな金融サービスが世に出ていますが、その裏でどのようなシステムが動き、誰がサービスを提供しているのか、お客さまには関係ありません。リース会社、カード会社や銀行といった業態の区別や枠組みにもう意味はないのです。お客さまの金融ニーズも多様化し、デジタル技術の進化によってサービスの提供の仕方も変わってきています。さらには、優秀な人財を取り巻く働き方も柔軟性を帯び、一人が一つの会社に終身雇用される時代は終わっています。そんな現在において、私たちは有機的な組織になるべく、ビジネスの在り方も社員の働き方も大きく革新したことで、業界内でもユニークなポジションを築き始めています。新生銀行グループは金融ビジネスの次の時代を切り拓く先頭に立つことができると確信しています。