社内公募で経営管理の仕事へ。
これからも新しい視点を吸収し
新生フィナンシャルに還元したい。

業務管理部財務担当 新生銀行グループ財務管理部(出向)2001年入社

黒川 和子

私の仕事

現在は、一般的にいうところの経理部で働いています。経理とは経営管理の略称で、会社が経済活動を行った全ての記録(会計処理)を行います。京セラを創業した稲森和夫さんは「会計が分からなければ真の経営者にはなれない」とおっしゃっていることからも分かるように、この仕事の面白いところは、常に会社全体の動きを把握している必要があり、会社がこれから何をしようとしているのか、そのために会計処理はどう考えるべきか、その結果がどうだったのか、ということを数字を通して目の前で見られることです。また、その過程でいろいろな役職者の判断ポイントなどを見て学ぶことができることも面白いと思います。

仕事のやりがい

経理という仕事では、毎月の決算、さらに四半期と年度末は月次よりも質・量ともに重たい決算作業がありますが、毎月やっていても必ず何か新しい課題や悩みが発生します。それをチームや社内外の人脈を使って解決し、取りまとめられた時には毎回達成感があり、コミュニケーションや過去の経験値の大切さも実感します。また、私は転職して新生フィナンシャルに入社したのですが、入社当時はリスクマネジメント部に所属していました。その後、社内公募という人事制度を使って現在の経理部に移ってきました。過去の仕事ももちろん楽しくいろいろなことを学びましたが、課題を乗り越えるたびに現在の経理部に自ら移ってきてよかったと思います。

成し遂げたい未来

新生銀行グループは、2017年に新たな取り組みとして「グループ本社」という概念を打ち出し、それに伴って、現在はグループ内主要各社の経理部が集まっているグループ財務管理部という部署で働いています。同じ新生銀行グループとはいえ、そもそもの成り立ちが異なるため、それぞれの会社の特色があり、学ぶべき点がたくさんあります。せっかくの機会ですので新生フィナンシャル以外の業務を行い、新しい視点を吸収し、将来的にはそのスキルをまた新生フィナンシャルに還元できるようなキャリアを積んでいきたいと思っています。また、できれば副業にもチャレンジしてみたいと思っています!(今はNO Ideaですが・・・)
私は会社が何かを私にしてくれるとはあまり考えません。私も会社を選べますし、会社も従業員を選べます。そういった関係の中で、ありきたりですが、今日より明日、明日より明後日、会社や縁あって一緒に働いている同僚、私自身も成長し幸せでいられるために、何をすべきか、何をしないべきかを常に考えるようにしています。

ある1日

6:00起床
起床、朝食をとりながら、ニュースをチェック
6:30スポーツジム
出社前にスポーツジムで運動
9:30出勤
メールチェックし、スケジュールの再調整
10:00会議
議題は日々異なりますが、会議に参加
11:00デスクワーク
デスクワークやチームメンバーとコミュニケーション
13:00ランチ
その日の気分でランチを決定
14:00電話会議
電話会議や会議など続いて参加
17:00デスクワーク
デスクワークやチームメンバーとコミュニケーション
19:00帰宅
翌日の予定とやるべきことをリストアップし退社
20:00夕飯とフリータイム
夕食後はフリータイム
23:00就寝
明日のためにしっかり睡眠

職場の雰囲気

会社は1日の中で一番長く過ごす場所ですから、人間関係が快適であることが私にとっては大事な要素です。新生フィナンシャルの社員は言うべきことは言いますが、お互いの立場や状況を思いやった言動ができる人が多いと思います。あとは明るい人が多いのも特徴かもしれません。毎日何かしらで笑っていますので、免疫力が上がっていると思います。
また、新生フィナンシャルはもともと外資系の会社だったこともあり、ビジネスカジュアルが認められていました。私の元上司はカーゴパンツを愛用していましたし、誰かがスーツを着てくると見学者が出てくるような社風(?)だったため、親会社が新生銀行になった時に「スーツの人が多い!」と当たり前のことに驚いた記憶があります。その中で、最近はドレスコードが撤廃され、スニーカーで通勤できることはとてもありがたいです。個人的には服装に大きな変化を起こせていないため、カジュアルを楽しんでいる人を見ると羨ましくなります。撤廃当初はどこまでカジュアルにしていいか、同僚たちも悩んでいる感じでしたが、最近では「明日はボーダーの服を着てこようよ!」という声が聞こえてきたり、スーツ姿しか見たことのなかった男性社員のジーンズ姿が思いがけず(!)素敵だったり、楽しい驚きがあります。スーツ姿の人ばかりとの会議より、カジュアル服の会議のほうが、心なしか空気が柔らかい印象もあります。

キャリアステップ

入社1年目

新卒でIT会社入社

プログラマー、その後SEとして出向していたカード会社の会員検索ツールや販促ツールなどを開発など

入社5年目(新生フィナンシャルでは入社1年目)

リスクマネジメント部

新卒で入社した某IT会社から入社5年目に転職しました。個品割賦を担当する部門のリスクマネジメント部で勤務しました。こちらでは、個品割賦ビジネスのポートフォリオ管理(貸倒引当金の計算、予算策定、回収戦略サポートなど)、買収案件のDue Diligenseなどを担当していました。

入社8年目(新生フィナンシャルでは入社4年目)

CRM(カスタマーリレーションシップマネージメント)部

CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)部へ異動となりました。この部ではクレジットカードビジネスの販売促進に関する企画推進業務を行いました。顧客分析⇒お客さまそれぞれにあったキャンペーンの企画⇒ダイレクトメールの作成/送付⇒キャンペーンの結果分析⇒新たな施策の立案 等を実施しました。

入社10年目(新生フィナンシャルでは入社6年目)

コントローラーシップ(経理)部

コントローラーシップ(経理)部に異動。会社全体の計算書類作成、税務申告、会計監査法人との折衝、社内外のレポート業務を主軸とし、会計周辺システムの入れ替えや、会社内の各種プロジェクトにおける会計面/税務面からの検討/提案 等を実施しました。

入社21年目(新生フィナンシャルでは入社17年目)

新生銀行グループ本社グループ財務管理部

新生銀行グループ本社グループ財務管理部に出向。これまでコントローラーシップ(経理)部として会社全体の計算書類作成、税務申告、会計監査法人との折衝、社内外のレポート業務を主軸とし、会計周辺システムの入れ替えや、会社内の各種プロジェクトにおける会計面/税務面からの検討/提案等を行うことに加えて、グループ財務管理部内の業務効率化に向けた施策の企画推進などを行っています。