会社の信用に関わる最後の砦として
システムと業務の観点から検証。
IT知識を高めこれからも新しい環境に挑戦したい。

システムコースビジネス・インフラストラクチャー本部システム研究開発部2018年入社(新卒)

笹原 健太

私の仕事

IT部門でプロジェクトの品質管理をしています。品質管理とはユーザーの要件通りに開発者がシステムを作っているかどうか検証する業務です。要件通りに作られていないままお客さまへサービスを提供して、障害を起こしてしまうと、会社自体の信用問題になってしまうため、厳格に業務を遂行しなければなりません。また、システム的な観点だけでなく、業務的な観点からも、ユーザーが何のためにそのシステム一つひとつの機能を必要としているのかを理解し、要件を真に満たしているか確認することで、より高い品質の検証が行えます。

仕事のやりがい

品質管理は自分が納得いくまでとことん検証し、本当に問題がないことを証明しなければなりません。何をもって品質が保たれているとするか、自分の中で明確な評価基準を定義しなければ、決まった時間、決まった人数で、曖昧な検証に終わってしまいます。さらに規模が大きくなると、プロジェクト全体の評価をすることもあります。評価の基本は同じで、重要なことはポイントがどこにあるのかを見極めて検証することです。納品前の最後の砦となるため、責任感を問われる業務であり、緊張感があります。
また、特定のシステムの開発に従事した業務を行っているわけではないため、さまざまなシステムを見る機会があり、とても勉強になります。

成し遂げたい未来

新生フィナンシャルに入社した理由の一つに、IT知識を0(ゼロ)からでも学べるところや、自社開発の金融システムに魅力を感じた点があります。金融業をビジネスとする企業でありながら、職場ではバリバリにシステム開発業務が行われていて、システムを1から作り上げるパワーと牽引力がある面白い会社だと思います。経験豊富なシステムエンジニアがたくさんいるので、学ぶ姿勢があれば得られるものはとても大きいです。私はまだ圧倒的に経験が足りていないので、自分の出した評価に自信が持てるよう、判断材料になる実績を積んでいこうと思います。IT知識を高めていくことに加えて、いくつになっても新しい環境に挑戦し、誰とでも仕事ができるような人材になりたいです。そのために、相手が何を求めているのか正確に聞きとること、自分が何をしているのか簡潔に相手に伝えることを大切にしています。特定の技術のプロフェッショナルではなく、どの分野でも通用するオールマイティなプレイヤーになるのが今の目標です。

ある1日

8:00起床
朝食を食べてすぐ出社
9:30出勤
メールとスケジュールを確認
10:00ミーティング
各担当の報告確認と次週のアクションプランの作成
11:00検証
検証依頼対象を確認し、テストケースを作成
12:00ランチ
社内のお弁当屋さんでお昼を購入しランチ
13:00検証
テストケースに妥当性があるか、上司にレビュー
14:00検証
ケースに沿ってシステムを実際に操作し上司へ進捗報告
17:00検証
システム操作結果を報告。問題があれば開発者へ確認
18:00退社
飲む予定がなければ、スーパーに寄って帰り食材購入
20:00夕食
自炊とお惣菜は半々くらい
22:30フリータイム
本か映画か筋トレか勉強
0:00就寝
明日に備え就寝

職場の雰囲気

入社前にも言われていたことですが、金融企業なだけあって、福利厚生はしっかりしているので安心して働くことができます。最近ではグループ全体としてダイバーシティを推奨する動きが見え始めていて、個人としても会社としてもこれまで以上に挑戦することができる職場であるように感じます。 先輩・上司は優しい方が多く、システムについての知識も豊富でとても頼りになります。アドバイスも自分の良いところ、至らないところについて、きちんと言葉にしていただけるため、自分を客観的に見つめ直す機会に恵まれていると思います。

キャリアステップ

入社1年目

ビジネス・インフラストラクチャー本部システム研究開発部

システム開発の品質管理として、開発成果物の検証を行う仕事をしています。ユーザー要件に沿っているか、障害の原因となりうる仕様のミスがないか確認し、実際に開発されたシステムが問題がないか確認し、問題がなければ承認しています。自分が承認したシステムが社員やお客さまに使用されるのですから責任は重大ですがやりがいがあります。

※所属およびインタビュー内容は、取材当時のものです。