昭和リースについて

経営理念

昭和リースのビジョン

リースを中心とした金融ソリューションをスピーディに提供し、お客様から選ばれる、収益力と成長性に富んだ企業になる。

バリュー

カスタマーフォーカス

私たちは、お客様の多様化するニーズを的確に把握し、最適なソリューションをスピーディに提供する。

誠実さ

私たちは、すべての行動において、高い水準の誠実さ、公正さ、透明性を徹底して追及する。

チームワーク

私たちは、社員一人ひとりの意見を尊重し、人材と情報を結びつけ、グループの総合力を高める。

自己革新

私たちは、過去にとらわれない発想で、変化に柔軟に対応し、絶えず自己革新を続け成長する。

社会的責任

私たちは、コンプライアンスを徹底し、環境の保全・向上に努め、社会に貢献する。

事業紹介

リースの仕事とは

機械や設備を導入したい企業に代わり、希望する機械や設備を購入し長期間賃貸する取引。企業は資金を借りて設備を購入して、長く使用するのと実質的には変わりません。つまり、リースの利用は設備を導入するための『資金調達』と同じ効果があると言えます。

リースの種類

昭和リースは様々なリースサービスを提供していますが、その中からいくつかご紹介します。

  • ファイナンスリース

    お客様の指定する物件をお客様に代わって購入し賃貸する一般的な契約

  • オペレーティングリース

    契約満了時の中古価値を見込んで割安のリース料にて賃貸する契約

  • 不動産リース

    敷金、保証金や建設協力金をお客様に代わって差し入れ、お客様が希望する仕様にした上で賃貸する契約

  • 日本型オペレーティングリース

    お客様自身にリースの貸し手になっていただき、効率的な資金運用やキャピタルゲインを期待する投資商品。

実際の仕事

実際の仕事は、活動の自由がある代わりに難易度も高くなります。
どのお客様に、どのサービスを、どのタイミングで提供すべきなのか、適切な判断が求められます。お客様の状況に応じて、上記のリースサービスの他にも、割賦販売、ファクタリング、ビジネスローン等、昭和リースが提供できるサービスは多数あります。
財務内容の分析、マーケットの調査、金融機関の視点からのアドバイスなどを通じて、お客様からの信頼を得て、お客様のパートナーとなることで私たちと契約していただくことができます。
時には「相談を受けたプロジェクトについて、中止するよう提案する」なんて事がきっかけにその後の取引が深まるなんてこともあります。何がきっかけでお客様の成長、昭和リースの売上や収益になるのか分からないのが、この仕事の難しさであり、面白さではないでしょうか。

会社概要

商号
昭和リース株式会社
Showa Leasing Co.,Ltd.
本社所在地
〒103-8303
東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル
設立
1969年4月2日
代表者
代表取締役社長 瀬戸 紳一郎
資本金
293.6億円
売上高
833.1億円(2019年3月期)
株主
株式会社 新生銀行(100%)
従業員数
517名(2019年6月)
事業所
本社/東京
拠点/札幌、仙台、埼玉、千葉、八王子、横浜、浜松、名古屋、大阪、福岡、台北
関係会社
トーザイ貿易株式会社
栄伸工業株式会社
神鋼リース株式会社